営業案内(Windowsデータ印刷)
オフィスの顔となる封筒、伝票、名刺、店舗アピールに役立つポスターやショップカード、オリジナル包装紙など美しく仕上げます。
営業案内(DTP/印刷物)
Windowsデータをそのまま印刷 データ入稿方法 データ入稿チェックリスト
データ入稿方法
ご注文の流れ

データ入稿の方法は、郵送とメール送付の2通り。

ご郵送の場合は、MOまたはCD-ROMにデータを焼き付けてプリントアウトしたものと一緒にお送りください。

メールの場合、容量が重くなる時にはデータを圧縮してお送りください。 また、Windowsにて作成されたデータ(Word、ExcelなどのOffice系データ)をメールでお送りいただく場合は、お手数でも画面ショットを作成いただき、作成データと一緒にお送りください。

データをご入稿いただいた後、こちらから確認メールをお送りさせていただきます。

〈データ入稿チェックリストがございますので、
データを送信する前にご確認ください。〉

Windowsデータ入校時の注意点
Windowsデータとは、Word、Excel、PowerpointなどのOffice系データを指します。 それ以外にも他のソフトを使用して作成されたデータも対応できますので、詳しくはアプリケーション一覧をご覧ください。

※1.作成データをプリントアウトしたもの、または画面ショットを作成いただき、データと一緒にお送りください。
(↓画面ショットの作り方は下記をご参考ください。↓)

※2.エクセルデータに関しましては、フォントの確認ができないため、プリントアウトした用紙と使用しているフォントをお知らせいただくことになりますのでご了承ください。

※3.データをご入稿いただいた後、印刷用にデータ変換したものを確認用の画像データとしてメールでお送りしますので、念のため内容に間違いがないかご確認ください。

作成データの画面ショットの作り方
Windowsの場合
(パソコンの環境によっては操作の仕方が違う場合がございます)

[1]作成データを開き(入稿する最終デザインのもの)、キーボードの右上にあるプリント スクリーン(PrtSc/Sys Rq)を押します。

[2]次にワード(Word)を開き、編集から貼り付けを選んでいただき、新規ページに画像を 貼り付けてください。作成データの画像が貼り付けられたらOKです。

[3]そのデータを保存していただき、作成データと一緒にメールに添付してお送りください。

Macintoshの場合
(パソコンの環境によっては操作の仕方が違う場合がございます)

[1]作成データを開き(入稿する最終デザインのもの)、キーボードのShiftキー+ command キー(アップルマークのついたもの) + 3を押します。 音声が出ている場合は、「カシャッ」というシャッター音がしますので、それが聞こえたら成功です。

[2]Macintosh HD(ハードディスク)内に「スクリーン1」というファイル名で保存されますので、 それを作成データと一緒にメールに添付してお送りください。

※Adobe Photoshopをお持ちのお客様は、そちらを開いて画面ショットを コピー・ペーストしていただき、jpg方式で保存したものをお送りください。
※画面ショットはデザインや文字の確認用で、文字間違いの修正や印刷の色を合わせる ために使用するためではありませんのでご了承ください。

<

Windowsそのまま印刷導入キャンペーン

Windowsデータをそのまま印刷 データ入稿方法 データ入稿チェックリスト

茨城県のホームページ/web制作のことなら株式会社ツカコシ

全国からの印刷物/ホームページ作成まで総合的に企業を広告する